医療法人社団優希会 すぎはらこどもクリニック

西東京市西原町の小児科 医療法人社団優希会 すぎはらこどもクリニック

〒188-0004 東京都西東京市西原町5-1-17
TEL 042-451-8680
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  お知らせ

お知らせ

クリニックニュース

電話対応の時間を制限させていただいております

13時から14時は昼休みのため、14時から15時は予防接種の時間帯で込み合うためです。予防接種の予約やお問い合わせなど、緊急時以外のお電話はご遠慮下さい。

予防接種等のお知らせ

Hib(ヒブ)ワクチン)とこども用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」の接種を是非受けましょう。肺炎球菌ワクチンは11月より、これまでの7価から13価ワクチンに変更されました。従来型ワクチンは重症肺炎球菌感染症を70%、新ワクチンは90%予防します。これまでに肺炎球菌ワクチンの接種を終了したお子さんも、自費で追加接種を受けることにより、より幅広い肺炎球菌感染症を防ぐことが可能です。是非おすすめします。

ロタウイルスワクチンの接種を、行なっています。ロタウイルスは春先に流行し、嘔吐と白色の下痢がひどくなり、入院加療が必要になることも多いウイルス性胃腸炎を起こします。ロタウイルスワクチンは2-3回の内服で、重症ロタウイルス胃腸炎を92‐98%予防します。生後6週から接種が可能で、生後14週までの接種が推奨されています。生後24週を超えると初回接種ができません。ご希望される方は、できるだけ生後14週までに接種を開始しましょう。生ワクチンのため接種後4週間他のワクチンの接種ができません。当院では、三種混合、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン等との、同時接種をおすすめします。ご希望される方は、受付までご連絡してください。インターネット予約はご利用になれません。

料金 ロタリックス(1価ワクチン、2回接種) 1回 14,000
    ロタテック(5価ワクチン、3回接種) 1回 9,500

 西東京市の1歳児の方はおたふくかぜ・クチンの半額助成があります。以前より市内の小児科医が要望し続けてきたことで、市が1/4、西東京市医師会が1/4、あわせて半額の助成行なっています。自己負担額は3,100です。

インターネットによる予約サービスのご利用方法

※下記画像をクリックすると拡大します

 

時間外の急病のときのご案内

1.小児初期救急医療

平日19時半から22時半(祝日を除く)
月、水、金・・・・佐々総合病院
月、火、水、木、金・・多摩北部医療センター
多摩北部医療センターの地図はこちら
佐々総合病院の地図はこちら

2005年4月より地域の開業医による都内初の広域的小児夜間初期救急診療を行っています。診療は、平日の19:30から22:20で、参加する医師は、西東京市、東久留米市、小平市、清瀬市、東村山市の医師会の有志の小児科医約20名が交替で診療にあたっています。
投薬は基本的には1日分です。また、佐々病院では点滴や入院は基本的にはできません。


2.西東京市休日診療所

日曜祝日(年末年始を含む)10時から21時
西東京市中町 西東京休日診療所で西東京医師会の会員が交替で診療を行っています。必ず小児科標榜医(専門医とは限りません)が出務しています。
また、休日診療当番医もご利用できます。
西東京休日診療はこちら


3.東久留米市休日当番医

日曜祝日 9時から16時半
わくわく健康プラザ内休日医科診療所など


4.小児救急電話相談事業(#8000)について

平日 17時から22時 土日祝 9時から17時
小さいお子さんをお持ちの保護者の方が休日・夜間の急な子供の病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けたほうがよいのかなど迷ったときに、小児科医師・看護師へ電話による相談ができます。
 番号は全国同一短縮番号(#8000)です。 リンクはこちら


5.それ以外の深夜帯など。近隣の小児科当直医のいる病院

必ず電話をして、受診可能かどうか確認してください。
武蔵野日赤病院(0422-32-3111)
公立昭和病院(042-461-0052)
多摩北部医療センター(042-396-3811)
東京都立小児総合医療センター(042-300-5111)
順天堂大学医学部附属練馬病院(03-5923-3111)

 ※ただし、小児の突然の発熱で夜間に受診が必要な緊急性のあるものはほとんどありません。ただし痙攣や意識障害、繰り返す嘔吐、呼吸障害などを伴う場合はすぐに受診してください。そうでなければ手持ちの解熱剤、無ければ体を冷やすなどで様子を見て翌朝受診しましょう。