西東京市西原町の小児科 
医療法人社団優希会 すぎはらこどもクリニック

すぎはらこどもクリニック
ご予約・お問い合わせ042-451-8680

〒188-0004
東京都西東京市西原町5-1-17

  • HOME
  • 感染症情報(第39週)
感染症情報(第39週)

当院での1週間あたりの発生数(R4.10.1)

R
S
















































M
C
L
S













9/20

9/24
10

0

0

1

0

4

0

1

0 0 3 0 0 0

19

4
9/26

10/1
5

0

0

4

0

5

0

0

0 0

2

0 0 0

16

1

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
新型コロナウイルは少し減ってきました。
当院でも新型コロナウイルスの鼻腔抗原検査を行っています。陰性だが陽性の可能性が高い場合のみ唾液PCR検査を行います。
無症状の濃厚接触者の検査は行っていません。不急の軽症の患者様は受診を控えるようにお願いします。院内への入室が不安な
慢性疾患の患者様も、院外や車内での診察・処方に対応します。症状が安定している場合ご家族だけで処方箋を取りに来られて
も結構です。


手足口病

手足口病は減ってきました。1-2日の発熱に手足の水泡、口内炎ができます。特効薬はありません。熱がなく食事がしっかりとれて元気なら登園可能ですが、できれば数日休ませましょう。

アデノウイルス感染症

アデノウイルス感染症は減っています。咽頭結膜熱やプール熱ともいわれ暑くなると増えてきます。高熱が3-5日続き、目やにや目の充血を伴うことが多いです。喉から迅速検査が可能です。抗生物質は効きません、症状消失後、2日間出席停止です。

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症が園によって増えています。咳と発熱に喘鳴(ゼーゼー)を伴い、乳児で哺乳が十分に出来なくなると入院治療が必要になることもあります。特効薬はありませんが、ステロイドの吸入や喘息の薬(オノン)の内服がやや作用があります。鼻腔分泌物から迅速検査が可能です。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎は減っています。ノロウイルスを疑わせる嘔吐が主の胃腸炎が園によっては増えています。暑くなると食物が傷みやすく食中毒も発生しやすいです。整腸剤や吐き気止めの漢方薬(五苓散)などを処方しています。水分と塩分をしっかり取りましょう。ポカリの2倍以上塩分の入ったOS-1の飲用をおすすめします。食欲が出てきて下痢が止まるまでは保育園も休ませましょう。

溶連菌感染症

溶連菌感染症は少しいます。のどの痛みに、発熱や発疹を伴います。迅速診断(約5分)が可能です。抗生剤を最低1週間しっかり飲みましょう。腎炎の合併症があるため、治癒後2回尿検査をします。

水痘(水ぼうそう)

水痘(水ぼうそう)は減っています。2回接種したお子さんでもかかることもあります。バルトレックスやゾビラックスという特効薬があり、早めに飲むと軽く済みます。

ヘルパンギーナ

夏風邪の一種で、発熱とのどちんこの周囲に水疱ができ、痛くて食事がとれなくなることがあります。特効薬はありません。

夜尿症

夜尿症の治療も行っています。小学生以上で週に数回以上夜尿がある場合は、恥ずかしがらずに相談してください。暖かくなると、治療の影響も出やすいです。原因として、膀胱機能が悪い場合、夜間尿量が多い場合、それらが混合した場合などがあります。その子にあった治療をしていますので、ご相談してください。夏休みの合宿やお泊まり保育が心配なお子さんは、早めに相談してください。

気管支喘息

気管支喘息の治療も行っています。当院ではガイドラインにのっとった、発作を予防する治療(抗ロイコトリエン薬と吸入ステロイド)を行っています。調子が良いからといって、勝手に薬をやめないように、予防が大事です。こまめに掃除もしましょう。

起立性調節障害

起立性調節障害の症状で来院されるお子さんがいます。急に立ち上がったり、立ち続けているとフラフラしたり、お風呂上りにめまいがしたり、朝起きが悪いお子さんはこの病気かもしれません。暑くなってくると特に症状がでやすいです。お薬もありますので、ご相談してください。

花粉症
3月に入り花粉症で来院される患者さんが増えています。今年はコロナ感染との鑑別も難しく早めの治療をお願いします。眠気の少ない内服薬や1日2回の点眼で済む目薬などを処方しています。ひどい方は舌下免疫療法も行っていますので、ご相談してください。

TOP