西東京市西原町の小児科 
医療法人社団優希会 すぎはらこどもクリニック

すぎはらこどもクリニック
ご予約・お問い合わせ042-451-8680

〒188-0004
東京都西東京市西原町5-1-17

小児科の中でも
新生児を
診てきた院長が
一カ月検診から成長を
見届け、働くママを
応援します

当院がばれる理由

急な発熱、塾や習い事でも大丈夫
インターネット予約を受け付けています

新生児のお子さまの診察もOK
一ヶ月検診にも対応いたします

隔離室、キッズスペースを備え
院内での感染予防に努めています

胸部・腹部のレントゲン検査が可能
血液検査結果も迅速に確認できます

NEWS

インフルエンザワクチン予約再開について(11/22更新)

予約終了していたインフルエンザワクチンが追加入荷したので12/1-12/9に1回目の予約がお取りできます。
受診歴のない方も予約可能です。

なお診療時間を12月半ばまで以下のように変更します。
一般外来      9:00~11:00 16:00~18:00
乳児検診・予防接種 11:00~12:00(火水木金)14:00~16:00(月火水金)

インフルエンザワクチン接種時間 
月曜日(午後のみ) :14:00~16:00
火水金曜日     :11:30~12:00 14:00~16:00
木曜日(午前のみ) :11:30~12:00

看護師募集(8/15更新)

当院では一緒に働いてくださる子供好きな看護師を募集しています。
詳細は院長または看護師までお電話でご連絡してください。

年長さんになられたお子様へ(4/20更新)

麻疹風疹混合ワクチンの接種を受けましょう。
新型コロナウイルス感染症の流行も心配ですが積極的に接種しましょう。
予防接種の時間帯以外でも接種できますので、お電話でご相談してください。
おたふくかぜワクチンの2回目や百日咳予防のため三種混合の同時接種もおすすめしています。

休診のお知らせ(11/27更新)

年末年始の休診のお知らせ
年末は12/29(水)18時まで診療を行います。
年始は1/4(火)9時から診療を行います。
よろしくお願いします。

R3.12/15(水)、R4.1/19(水)は、院長が佐々総合病院にて小児準夜救急を担当します。(19時半から22時半)
R3.12/30(木)、R4.1/23(日)は、院長が西東京市休日診療所で小児救急を担当します。(10時から21時)

新型コロナウイルス(COVID-19)流行予防について(8/10更新)

新型コロナウイルスの発生数は再び増えてきました。さらに警戒が必要です。子供への流行も心配されます。子供は重症化することは少ないようですが、明らかに増えてきました。
発熱や咳のある患者様と慢性疾患の患者様の来院時間を分けています。発熱や咳がひどい患者様は午前11まで、または午後4時以降にご来院してください。発熱や咳のある患者様は院外ベランダや、自家用車内での診察を行っています。また、院内への入室が不安な慢性疾患の患者様も、院外や車内での診察・処方に対応します。症状が安定している場合ご家族だけで処方箋を取りに来られても結構です。

予約が取れない場合の対応について

土曜日等で予約が取れない場合が増えて、長時間お待たせすることがあります。予約が取れない場合は直接来院してお待ちになるより、受付(042‐451‐8680)に電話をしていただき、来院時間の相談をしてください。また予約を取っておいて受診しない場合は、必ずキャンセルしてください。

電話対応の時間制限のお願い

13時から14時まで、電話での予約等の対応を原則中止させていただきました。13時から14時は昼休みのため留守番電話対応、2種類以上の予防接種や検診の予約をされる方などは、この時間を避けてお電話してください。

お子さまの成長と、毎日がんばるママを応援する地域密着型医院です。

当院の診察のモットーは「赤ちゃん、お子さまの成長を見守る」ことです。開業医として、お子さまたちの成長と健康を見守ってきました。

スタッフ

すぎはらこどもクリニック

〒188-0004
東京都西東京市西原町5-1-17

TEL:042-451-8680

09:00~12:00
14:00~15:00
15:00~18:00

●…一般外来
▲…乳幼児健診・予防接種
【休診】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
インフルエンザワクチンのシーズンは
一般外来が午前11時まで、午後16時からに変更します。

最寄駅

田無駅 ひばりヶ丘駅

最寄バス停

六角地蔵尊前バス停から徒歩2分

お子さまの健康だけでなく、お母さまの気持ちにも寄り添った診察とアドバイスを心がけています。

お子さまの状態やこれから予想されることをわかりやすく説明し、アドバイスしていきます。お子さまだけでなく、毎日、仕事や家事、育児に追われて疲れているお母さまのケアにも力を入れています。

TOP